医薬品としての美白クリーム

いま、美白ケアを日常的に自分で行っている方が増えています。



シミそばかすがない肌というのは、美肌の条件でもありますし、それだけケアについても注目されている傾向があります。


自分でできることとしては、美白化粧品を使うということがあります。



アルブチン、ハイドロキノン、ハトムギエキス、ビタミンC誘導体などを挙げていくことができますが、これらの成分が含まれている化粧品を使うことによって、シミの原因となっているメラニン色素に働きかけていくことができますので、効果的にシミそばかすを予防していくこともできるのです。
しかし、あくまでも予防ということですので、もし本格的にシミ治療を行いたいということでしたら、美容皮膚科などで医薬品としての美白に効果があるものを処方してもらうことをおすすめします。

たとえばハイドロキノンは化粧品にも含まれていますが、医薬品というレベルですと濃度が高くなっていて、大変効果が強いのです。



漂白作用があるものですので、シミを薄くしていくことができます。

レーザーより即効性の部分ではおちますが、効果が高いために注目されています。



そのほかにも、レチノイン酸なども効果的です。
肌のターンオーバーを整えてくれる働きがありますので、ハイドロキノンと併用していくと良いでしょう。



また、ビタミンCやビタミンEなども、医薬品ではないのですが、皮膚科で処方してくれる場合もありますので、肌の内側から整えていくのに役立ちます。



関連リンク

美白効果があるローション


美白ケアを行っている方が増えています。美白といいますと、シミそばかすがないクリアで透明感のある肌のことです。...

ローションで美白をしよう


いま、美白ケアに取り組んでいる方は増えています。シミやそばかすがある肌ですと、どうしても老けた印象になってしまいますし、鏡を見るたびにとても気になってしまったり、化粧が厚くなってしまったりします。...